医療法人クラプトン 佐久間内科小児科医院 二本松市,二本松駅 内科,小児科,心療内科

 

予防接種

もくじ

予防接種はなぜ必要なのでしょう

 守らなければいけないものがあります。
あなた自身や、あなたの家族、子どもたちの命。

 命を脅かすもの。
それは戦争であり、事故であり、病気。
他にもたくさんあるでしょう。
その一つ一つを、私たちは防がなくてはなりません。

 私たち自身のために。
そして。
自分を守る術を知らない子どもたちのために。

 予防接種によって、防げる病気があります。罹らなくて済むのです。
だったら是非!
極めて自然な、単純ですが大切な発想と思います。

 VPD(ワクチンで防げる病気)から、子どもたちを守りましょう。

 当院では、予防接種スケジュールについての相談を受け付けております。
何から受けていいのかわからない。
次に何を受ければいいの?
スケジュール通りにいかなくなったがどうすればいいの?

 どんなことでも、お気軽にご相談ください。

 また、予防接種全般について詳しくお知りになりたい方は、こちらのKNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
をご参照ください。

次へ→定期接種と任意接種

▲ ページTOP

定期接種と任意接種

定期接種とは?

  法律で接種が定められている予防接種のことです。
接種費用は、居住地の自治体(二本松市、本宮市、大玉村など)が負担することとなっております。
接種可能年齢の期間、接種間隔が厳密に決められています。ご不明な点があれば、当院受診の際に説明させていただきます。

  予防接種法にもとづく定期接種では、予防接種と因果関係ありと認められた健康被害が発生した場合、「予防接種健康被害救済制度」の対象となり、自治体が対応することとなっております。

 

任意接種とは?

 法律で定められていない予防接種です。定められていないとはいえ、接種しなくていいわけではありません。

 これまで、VPDを防ぐためにも、本当は定期接種となってもいいのに、欧米諸国ではほとんどが定期化されているというのに、自己負担が強いられる任意接種が多かったのですが、平成25年度より、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました。喜ばしいことです。

 今後、おたふくかぜワクチンなど、その他の多くのワクチンが定期化されることを願っています。

 下表に、当院での任意接種の価格をお示しします(定期接種であっても、接種対象年齢を外れると任意接種となります)。
当院の場合、任意接種が自己負担を強いられるばかりに、(接種が)必要とはわかっていても、正直なところ、中々こちらから積極的にお勧め出来ない現実があります。 ご興味があれば、何なりとおっしゃってください。お話があったからと、接種を強要するものでは決してありません。

任意接種により健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法にもとづく救済を請求することとなります。請求は健康被害を受けた方、またはそのご家族となっており、自治体は関与いたしません。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ
http://www.pmda.go.jp/

任意接種ワクチン価格表 (1回接種料金)

三種混合 6,000円 四種混合 10,000円
麻しん風しん
混合ワクチン
9,500円 破傷風
トキソイド
4,000円
風しんワクチン 7,000円 麻しんワクチン 6,000円
日本脳炎

7,000円

ニューモバックス
(高齢者用肺炎球菌)
7,000円
二種混合 5,000円 水痘
生ワクチン
7,000円
ヒブワクチン 8,000円 ワイル病 9,000円
プレベナー
(小児用肺炎球菌)
9,500円 HA肝炎
ワクチン
8,000円
サーバリックス
(子宮頸癌)
15,000円 HB肝炎
ワクチン
7,000円
B.C.G 9,000円 不活化ポリオ
ワクチン
6,000円
おたふく
生ワクチン

5,000円

 ロタウイルス
ワクチン
 15,000円

次へ→生ワクチンと不活化ワクチン

▲ ページTOP

生ワクチンと不活化ワクチン

 ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。

 生ワクチンは、病原微生物(病気を起こすウイルスや細菌)の毒性を弱め、その一部を体内に取り込ませることで(=接種)、免疫を引き起こします。

 毒性を弱めただけですので、1回の接種で強い免疫をつけることが出来る反面、微生物が体内で増殖するため、発熱や発疹など、病気になった時と似た症状が出ることがあります。もちろん、本物の病気になるよりは、ずっと軽い症状です。

 生ワクチンでは、接種後4週は次のワクチンを接種出来ないことになっております。

 不活化ワクチンは、病原微生物をホルマリンなどの化学処理によって感染性や病原性をなくし、無毒化しています。免疫をつけるのに必要な成分は含んでおりますが、免疫の持続力は弱いため、数回接種することが必要になります。体内増殖はないので、注射部位が赤くなったり硬くなったりすることはあっても、原則として、発熱や発疹が出ることはありません。

 不活化ワクチンでは、1週で次のワクチンの接種が可能です。1週という意味は、たとえば月曜日に接種すれば次の週の月曜にはOKということです。まるまる1週間空け、次の週の火曜日でなければならないわけではありません。

 生ワクチンの4週後も同じことです。
 決められた日数は開けねばならないことになっておりますので、間違えないようにしましょう。

 トキソイドというワクチンもあります。これは、病原微生物がつくる毒素(破傷風菌による破傷風毒素、ジフテリア菌によるジフテリア毒素など)を無毒化してつくったものです。便宜上、不活化ワクチンに含められております。

 破傷風トキソイド、ジフテリアトキソイド、百日咳ワクチンに不活化ポリオワクチンを合わせたものを四種混合ワクチン(DPT-IPV)とよんでおります。三種混合ワクチン(DPT)は、破傷風トキソイド、ジフテリアトキソイド、百日咳ワクチンのみを含みます。
 

生ワクチン

 ポリオ、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、BCG、おたふくかぜ、水痘、ロタ。
 

不活化ワクチン

 DPT-IPV、DPT、DT(ジフテリアトキソイド+破傷風トキソイド)、ジフテリアトキソイド、破傷風トキソイド、日本脳炎、インフルエンザ、ヒブ、肺炎球菌、A型肝炎、B型肝炎、子宮頸癌ワクチン、ポリオ、狂犬病、ワイル病。

次へ→予防接種スケジュールについて

▲ ページTOP

予防接種スケジュールについて

  接種可能な予防接種が増えたのは喜ばしいことです。
  反面、ワクチンの種類が増えたために、いつからどのワクチンが接種出来るのか、順序はどうすればいいのか、接種間隔はどれくらい開ければといったことに悩まれる保護者が多くいらっしゃいます。

  はじめから、全てのスケジュールを綿密に立てることは、かなりの労力を払いますのでやめた方がいいでしょう。途中風邪を引いたりで、せっかくのスケジュールが狂ってしまうことも大いにあり得ます。もちろん、狂ったら狂ったらで、修正はいくらでも可能です。

「今日接種したワクチンはこれとこれだから、次はいつ、これとこれとこれ」程度にわかっておられればいいでしょう。当院では、そのようにアドバイスさせていただいております。

  下の図は、「VPDを知って、子どもを守ろう会」が作製された最新の予防接種スケジュール表です。0歳児用と7歳児用があります(ご了解の上、こちらにアップいたします)。
「VPDを知って、子どもを守ろう会ホームページ」よりダウンロード出来ます。当院でもお渡し出来ます。

http://www.know-vpd.jp/index.php

  ともかくも、「生後2ヶ月になったらワクチンデビュー」です。詳しいことは、当院にてご相談ください。

  0歳の予防接種スケジュール

  7歳児用の予防接種スケジュール

 

次へ→今シーズンのインフルエンザワクチン接種について

▲ ページTOP

今シーズンのインフルエンザワクチン接種について

シーズンになりましたら掲載いたします。

▲ ページTOP

 

当院にて接種の任意ワクチン予診票

定期接種、補助金付きの任意接種の場合、市町村発行の予診票にご記入いただくこととなりますが、それ以外の任意接種を当院で行う際は、当院作成の予診票にご記入となります。
  小児用、成人用の予診票を下記よりダウンロードしていただけるようにしましたのでご利用ください。 

  なお、接種には事前にご連絡いただきたく存じます(少なくとも接種予定日の二日前)。
 

ワクチンの供給状況により、必ずしもご希望に応じかねる場合もあり得ますが、できる限りご要望にはお応えしたい所存ではおります(どうしても無理な事態の際はごめんなさい)。

▲ ページTOP